投資信託を選ぶポイントとは?失敗しない選び方を解説

こんにちは、ハニカムです。

投資を始めてみたいけどどの投資信託を選んだらいいのか迷ったことはありませんか?

初めて投資信託を買う場合は迷いますよね。わたしも最初は何もわからずに手数料の高い投資信託を買っていました。

しかし、投資信託にも良い投資商品とそうでない商品があるので、商品の選び方は大切です。

この記事では「失敗しない投資信託の選び方」を解説します。

今回は楽天証券のサイトから「楽天・全世界株式インデックス・ファンド」を例にとり、どこに注目して投資信託を選べばいいのかを解説します。

どの地域のどんな指数に投資をするか

どの指数に投資するかはとても重要です。指数の名前は長いので覚えなくてもいいですが、どんな指数でどんな地域に投資しているのかは知っておきましょう。

全世界株式、米国株式、先進国株式がオススメ

どんな投資先なのかは目論見書に書いてあるので一度読んでみるといいでしょう。目論見書は投資商品を買う前に証券サイトの方から誘導され、必ず読まないと商品を購入することができません。

この記事を読むことで目論見書のどこに注目して読めばいいのかわかるようになります。

下記の画像は楽天証券の「楽天・全世界株式インデックス・ファンド」の目論見書で、どのような地域でどのような指数に投資をしているのかがわかります。

この場合、「FTSEグローバル・オールキャップ・インデックス(円換算ベース)」という指数に投資をしていることがわかりますね。

これはどんな指数かというと「大型株、中型株、小型株を含む全世界株式」に投資をしています。

全世界株式では米国や欧州、日本、などの先進国や中国やインドなどの新興国に投資しており、投資銘柄は約8000銘柄になります。

全世界株式指数
全世界の株式指数に投資をしている

聞き慣れない言葉が出てきますが覚えなくても大丈夫です。ざっくりと「全世界の株式に投資しているんだな」ということをつかんでください。


大きな株式市場に投資をするのがオススメなので、以下のような投資先が候補になります。

S&P500はアメリカの有名な株式指数なので覚えておくといいでしょう。

どの地域に投資するか
  • 全世界株式
  • 先進国株式
  • S&P500 (大型米国株)
  • 全米株式 (大型・中型・小型米国株)

時価総額加重平均型の指数に投資をしよう

現代ポートフォリオ理論によると、シャープレシオがよくなるのは時価総額加重平均型の指数です。

ですので、理論的に正しい「時価総額加重平均型の株式指数」を選びましょう。

下記の画像によると、「楽天・全世界株式インデックス・ファンド」は時価総額加重平均型の株式指数であることがわかりますね。

時価総額加重平均型指数
時価総額加重平均型の株式指数
どんな指数に投資するか
  • 時価総額加重平均型のインデックス

運用管理費用(信託報酬)

多くの投資家が最も気にしているのはこの管理費用だと思います。

ファンドの運用や管理にかかる費用です。保有期間中、信託財産から日々間接的に差し引かれており、別途お支払いいただくものではありません。

楽天証券

管理費用は簡単に言うと手数料です。管理費用は低ければ低いほどよく(低コスト)、0.1〜0.2%程度の低コストで買える投資信託がオススメです。

管理費用が1%や2%と高くなると、どれくらいの金額が手数料として取られるか計算したのでそちらも参考にしてみてください。

管理費用(含む信託報酬)
管理費用

純資産額

純資産額はその投資商品にどれだけの資金が集まっているかを表しています。

純資産額が多ければ、多くの人がその商品を買っていて安定した運用を続けることができます。

逆にお金が集まらない投資信託は繰り上げ償還になる(ファンドの運用が終了する)可能性が高くなります。

純資産額は多ければ多いほど安心です。

純資産額
純資産額

手数料

投資信託を売買する場合、手数料は無料のものを選びましょう。

買付手数料

買付手数料とは投資信託を買う際にかかる手数料のことです。買付手数料無料の投資信託を選びましょう。

買付手数料
買付手数料

信託財産留保額(売却時にかかる手数料)

信託財産留保額とは、投資信託を解約(売却)する際にかかる手数料のことです。こちらも無料のものを選びましょう。

ファンドを運用期間の途中で売却する際に必要となる費用です。売却時の基準価額から差し引かれます。運用(委託)会社や販売会社に支払われるのではなく、保有を継続する投資家(残存受益者)との公平性を確保するために、組入証券の売却手数料など解約にかかった費用等を解約者が負担する意味合いで、ファンドの信託財産の一部となります。

楽天証券
信託財産留保額
信託財産留保額

分配金

分配金は0円の投資信託がオススメです。

分配金が0円と聞くと損した気分になるかもしれませんが、配当金は投資信託内部で自動的に再投資されているので損しているわけではないです。

逆に分配金が支払われるとその金額に対して課税されるので、分配金が多ければ多いほど税金が多く引かれて資産形成に不利になります。


ですので、日本国内では課税されない、分配金の出ない投資信託を選びましょう。

つまり、課税されて減った分配金を再投資するのか、分配金を出さずに課税されないお金を再投資するかの違いです。

当然後者のほうが資産形成に有利ですよね。

税金の支払いを先送りにできる分配金が出ない投資信託を選びましょう。

直近分配金
分配金

為替ヘッジ

為替ヘッジありだと為替の影響を抑えてくれますが、その分管理費用が高くなります。為替ヘッジなしの商品を選びましょう。

償還日

償還日とはその投資信託の運用が終わる日のことです。この記事を読んでいる人は数十年後まで長期投資するでしょうから償還日は「無期限」の商品にしましょう。

オススメの投資信託の例

ここまでいろいろ説明してきましたが、結局どの商品がいいの?と迷いますよね。

ここでは上記の条件を満たした商品の一例を紹介します。

※2021年10月1日現在の情報ですので、最新値は証券会社のホームページでご確認ください。

ファンド名地域管理費用
(%)
純資産額
(億円)
楽天証券SBI証券
eMAXIS Slim
全世界株式
(オール・カントリー)
全世界0.11442,781詳細詳細
楽天
・全世界株式インデックス
・ファンド
全世界0.2121,192詳細詳細
SBI
・全世界株式インデックス
・ファンド
全世界0.1102348詳細詳細
たわらノーロード
先進国株式
先進国0.109891,388詳細詳細
eMAXIS Slim
先進国株式インデックス
先進国0.10232,430詳細詳細
eMAXIS Slim 米国株式
(S&P500)
米国0.09686,349詳細詳細
SBI・V・S&P500
インデックス
・ファンド
米国0.09383,152詳細
楽天
・全米株式インデックス
・ファンド
米国0.1623,483詳細詳細
SBI・V・全米株式インデックス
・ファンド
米国0.0938241詳細
失敗しにくい投資信託の例

投資商品の選び方は確定拠出年金(401k)やつみたてNISA、iDeCoなどでも同様です。

確定拠出年金で会社が指定した証券会社しか選べない場合、上記の商品を選ぶことはできないかもしれません。

しかし、この記事で紹介したような管理費用や純資産額などに注目してできるだけいい商品を選ぶようにしましょう。

また、「バランス型ファンド」や「ターゲットイヤー型ファンド」はどうなの?と疑問に思う方は以下の記事を参考にしてみてください。

まとめ

投資信託は商品が多くてどれを選んでいいのか迷いますよね。投資信託を選ぶ際にはこの記事で紹介したことをチェックしてみてください。

特に管理費用や純資産額には注意してくださいね。

投資信託の選び方
  • 全世界株式
  • 時価総額加重平均型のインデックス
  • 管理費用は低く
  • 手数料は低く
  • 分配金なし
  • 為替ヘッジなし

わたしが1つ投資信託を選ぶなら以下の商品を選びます。どうしても選べない方は参考にしてみてください。

筆者が投資信託を1つ選ぶなら

eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)

ご覧いただきありがとうございました。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事