ドルコスト平均法と一括投資どちらを選ぶべきか?

こんにちは、ハニカムです。

あなたは「ドルコスト平均法」と「一括投資」どちらがいいのか迷ったことはありませんか?

相場の暴落が怖いからドルコスト平均法で少しずつ投資信託を買っている人もいれば、高いリターンを狙って一括で投資する人もいますよね。

いったいどちらの投資法がいいのでしょうか?

この記事では「ドルコスト平均法」と「一括投資」どちらを選ぶべきか、その考え方と簡易的なシミュレーションを紹介します。

ドルコスト平均法とは

ドルコスト平均法は毎月一定の金額で投資信託を買い付ける方法のことです。

例えば、「毎月の月初めに3万円分の楽天VTIを買う」といった感じで投資信託を買います。

ドルコスト平均法のメリット

ここからはドルコスト平均法のメリット・デメリットを紹介します。

ドルコスト平均法のメリット
  • 感情を介さずに機械的に買うことができる
  • 投資の入り口として始めやすい
  • 投資初期に暴落に巻き込まれてもダメージが少ない

感情を介さずに機械的に買うことができる

ドルコスト平均法は投資信託の買い付け設定を一度してしまえば、自動で積み立てられるので感情が入りにくいです。

投資を失敗する原因として多いのが、「今は株価が割高だ」、「これから暴落が起こるかもしれない」などといった余計な感情が入ってしまうことです。

感情が入らずに積み立てられるドルコスト平均法は大きな失敗をしにくいといえます。

投資の入り口として始めやすい

投資をしたことがない方がいきなり100万円分の投資信託を買うのは抵抗がありますよね。

ドルコスト平均法では「毎月3万円分の投資信託を買う」と設定した場合、保有している投資信託の金額は初月は3万円、2ヶ月目は6万円、3ヶ月目は9万円…というようにリスク資産が徐々に増えていきます。少しずつリスク資産を買うので、株の値動きにも慣れることができます。

投資初心者で「投資を始めてみたいけどリスク資産を買うことに抵抗がある」場合はドルコスト平均法から始めてみるといいでしょう。

投資初期に暴落に巻き込まれてもダメージが少ない

ドルコスト平均法の投資初期は「資産全体に占めるリスク資産の割合」が少ないです。投資を始めて直後に暴落に巻き込まれた場合に、資産が大きく減ることを避けられます。

ドルコスト平均法のデメリット

ドルコスト平均法のデメリットを解説します。

ドルコスト平均法のデメリット
  • 機会損失になる
  • すべて投資した後に暴落する可能性もある

機会損失になる (複利効果が小さくなる)

投資期間が長くなればなるほど複利効果は大きくなりリターンが向上する確率も上がります。

ここでクイズです。次のうちリターンが大きくなる可能性が高いのはどちらでしょうか。2問あるので考えてみてください。

Q1. どちらのリターンが大きい?
  • A. 投資金額:100万円、投資期間20年
  • B. 投資金額:100万円、投資期間10年
Q2. どちらのリターンが大きい?
  • A. 投資金額:500万円、投資期間20年
  • B. 投資金額:100万円、投資期間20年

リターンが大きくなる可能性が高いのは、Q1とQ2どちらもAです。投資期間は長いほうがいいですし、投資金額は大きい方がいいですよね。しかし、ドルコスト平均法ではこれらのメリットを捨てることになります。

例えば、現金1,000万円を20年間投資できるとします。

先ほど考えた問題の通り「できるだけ大きな金額をできるだけ長期間」投資すると高い複利効果が得られます。つまり1,000万円を最初に一括投資をして20年間運用することが最も効果的です。

これをドルコスト平均法で投資をすると、毎年100万円ずつ投資をして10年かけて1,000万円を投資するとします。

せっかく1,000万円を20年間投資できるにもかかわらず、ゆっくり投資資金を市場に投入することで投資資金×投資期間が短くなっているのがわかるでしょうか。

最終的に1,000万円投資をするなら一括で投資をして投資機関を長く取ることが合理的だと思います。

すべて投資した後に暴落する可能性もある

上記の例を考えると、ドルコスト平均法で10年間かけて1,000万円を投資をしても、10年後に暴落する可能性もありますよね。投資のタイミングがどのような形であっても、1,000万円のリスク資産を持っていて暴落に巻き込まれたらそれだけあなたの資産は減ります。

一括投資した後に暴落がきたらどうする?

ドルコスト平均法で投資している方はおそらく、「一括投資をしてその直後に暴落がきたらどうしよう」という考えがあると思います。

わたしもまとまった資金で投資信託を買った直後に相場が暴落するのは嫌です。投資期間が長くなればそういった経験もすることになるでしょう。

しかし、「暴落が来るかもしれないので投資するタイミングを遅らせる」というのは資金効率を落とします。

市場平均と同じ成績をとるということは、相場の暴落は避けられないですし、避ける必要もありません。

そうはいっても、なかなか受け入れられないと思いますので、対策を紹介します。

最も大事なのは投資タイミングよりもアセットアロケーション

最も大切なのは「投資のタイミング」ではなく「現在のアセットアロケーション」です。

わたしたち普通の個人投資家がいつ来るかわからない暴落に備えてできることは、アセットアロケーションを見直すことしかありません。

暴落が来たらどうしよう」と考えるのではなく、「暴落がいつ来ても許容できる」アセットアロケーションにしておくことが大切です。

アセットアロケーションが大切

✕暴落がきたらどうしよう
○いつ暴落がきても大丈夫

相場の動きは予測できないので、アセットアロケーションを管理しましょう。

結局、わたしたちができることは「株式の割合(リスク資産)」と「現金(無リスク資産)の割合」を管理することだけです。

考え方のコツですが、「投資信託をいくらで買ったか (平均取得価額)」よりも「今、いくらの投資信託を持っているか (時価評価額)」のほうが大切です。

あなたの今のアセットアロケーションは株式が30%暴落したら耐えられますか?

もう一度自分の資産を見直してみましょう。

 

ドルコスト平均法と一括投資の比較

ここからは(擬似的)ドルコスト平均法と一括投資を簡易的なシミュレーションで比較してみます。

シミュレーションの条件
  • 投資期間は10年間
  • 投資資金は1000万円
  • 楽天VTIは毎年5%のリターンが出ると仮定
  • 楽天VTIは10年に1回任意のタイミングで暴落 (-30%)または暴騰 (+20%)が起こる
  • 1年に1回リバランスをする

【(擬似的)ドルコスト平均法の計算方法】
厳密にはドルコスト平均法ではないですが、以下のように楽天VTIの割合を徐々に増やすことで、擬似的なドルコスト平均法として計算します。

(擬似的)ドルコスト平均法の計算方法

1年目… (現金: 楽天VTI) = (95: 5)
2年目… (現金: 楽天VTI) = (90: 10)
3年目… (現金: 楽天VTI) = (85: 15)

10年目… (現金: 楽天VTI) = (50: 50)


【一括投資の計算方法】
一括投資では現金と楽天VTIの割合を一定にします。

一括投資の計算方法

1年目… (現金: 楽天VTI) = (50: 50)
2年目… (現金: 楽天VTI) = (50: 50)
3年目… (現金: 楽天VTI) = (50: 50)

10年目… (現金: 楽天VTI) = (50: 50)

n年目に「暴落」した場合のドルコスト平均法と一括投資の比較

n年目に楽天VTIが暴落した場合、ドルコスト平均法と一括投資で10年後の資産 (=現金 + 楽天VTI)にどれだけ差が出るかを計算しました。結果を以下の表に示しています。

暴落が起こる年A. 10年後の資産
(ドルコスト平均法)
B. 10年後の資産
(一括投資)

(=A - B)
1年目1126 万円1062 万円65 万円
2年目1106 万円1062 万円45 万円
3年目1086 万円1062 万円25 万円
4年目1067 万円1062 万円5 万円
5年目1047 万円1062 万円-15 万円
6年目1027 万円1062 万円-34 万円
7年目1008 万円1062 万円-53 万円
8年目989 万円1062 万円-73 万円
9年目970 万円1062 万円-92 万円
10年目950 万円1062 万円-111 万円
10年後の資産の比較
(n年目に暴落した場合)

例えば、3年目に楽天VTIが暴落した場合、10年後の資産は「ドルコスト平均法では1086万円」、「一括投資では1062万円」になり、ドルコスト平均法のほうが25万円お得になります。上記の条件だと暴落が起こる年が4年目まではドルコスト平均法が有利で、それ以降は一括投資が有利です。

結果をグラフにすると以下のようになります。見やすいように1年目、5年目、10年目の線を実線にしています。

n年目に暴落 (ドルコスト平均法)
n年目に暴落したときの資産の推移
(ドルコスト平均法)
n年目に暴落 (一括投資)
n年目に暴落したときの資産の推移
(一括投資)

一括投資ではいつ暴落が起こっても10年後の資産は変わりませんが、ドルコスト平均法の場合は10年後の資産に幅があります。

また、ドルコスト平均法の場合は投資初期の下落には強いですが、同時に投資初期の上昇相場のリターンを取り逃すことになります。投資初期に相場が上昇して、その後相場が下落すると元本割れを起こす場合もあります。

以下のグラフは「一括投資」と「ドルコスト平均法」を一つにまとめたものです。

n年目に暴落 まとめ (黒 = 一括投資、赤 = ドルコスト平均法)
n年目に暴落した場合
(黒 = 一括投資、赤 = ドルコスト平均法)
n年目に暴落する場合のまとめ
  • 投資をしてから4年目までに暴落が起こる場合は「ドルコスト平均法が有利」
  • ドルコスト平均法は投資初期の暴落に強いが、同時に投資初期の上昇相場のリターンも逃す

n年目に「暴騰」した場合のドルコスト平均法と一括投資の比較

次に、n年目に楽天VTIが暴騰した場合の10年後の資金を計算しました。投資直後に相場が暴騰する場合は一括投資の方が有利になります。

暴騰が起こる年C. 10年後の資産
(ドルコスト平均法)
D. 10年後の資産
(一括投資)
差(=C - D)
1年目1155 万円1374 万円-219 万円
2年目1163 万円1374 万円-211 万円
3年目1172 万円1374 万円-202 万円
4年目1180 万円1374 万円-194 万円
5年目1188 万円1374 万円-185 万円
6年目1197 万円1374 万円-177 万円
7年目1205 万円1374 万円-169 万円
8年目1213 万円1374 万円-160 万円
9年目1222 万円1374 万円-152 万円
10年目1230 万円1374 万円-144 万円
10年後の資産の比較
(n年目に暴騰した場合)

計算結果をグラフにすると以下のようになります。

n年目に暴騰 (ドルコスト平均法)
n年目に暴騰したときの資産の推移
(ドルコスト平均法)
n年目に暴騰 (一括投資)
n年目に暴騰したときの資産の推移
(一括投資)

ドルコスト平均法では投資初期のリターンを逃すことがよくわかると思います。一括投資とドルコスト平均法をまとめた図を以下に示します。

n年目に暴騰 まとめ (黒 = 一括投資、赤 = ドルコスト平均法)
n年目に暴騰した場合
(黒 = 一括投資、赤 = ドルコスト平均法)

上図からも一括投資が有利なことは明らかです。

n年目に暴騰する場合のまとめ
  • ドルコスト平均法では初期のリターンを逃すため、一括投資が有利にはたらく

まとめ

今回の内容をまとめると以下のようになります。ドルコスト平均法は下落相場では有利になりますが、同時に上昇相場でのリターンを逃すことになることも忘れないでください。



リスク許容度がわかっている人はリスク許容度の範囲内で一括投資、リスク許容度がわからない人はドルコスト平均法で投資を始めてみるといいと思います。

自分のリスク許容度がわかっている人

リスク許容度の範囲内で一括投資

自分のリスク許容度がわからない人

ドルコスト平均法

ご覧いただきありがとうございました。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事